chromax


今月のインタビュー

1月のインタビュー | 菅野有子プロ 菅野有子プロ (2/3)

1月は、プロゴルファーでありながら、ファミリーゴルフスクールエパック開校に携わったほか、コーチ、リポーター、解説、百貨店アドバイザリーなど様々なフィールドでご活躍されている菅野有子プロに弊社代表取締役榎本がインタビューをしました。

菅野有子プロ
1960年神奈川県生まれ。JLPGA50期生。10歳からゴルフをはじめ、大卒後プロに。88年JUNONオープン10位。大学では、高校の教員免許を取得。1995年筑波大学大学院に入学し、スポーツ心理学を専攻。1999年エパックジュニアゴルフスクール開校 (後にファミリーゴルフスクールエパックと改名)のほか、テレビ東京ラウンドリポーターや全英オープン解説、日本橋高島屋アドバイザリースタッフなどをこなす。現在、麗澤中学高等学校コーチ、浦安市ジュニアゴルフ協会会長。
  • Interview01 ゴルフ上達の秘訣
  • Interview02 ゴルフボールについて
  • Interview03 EPACの立ち上げ
  • Special Contents EPAC5つのこだわり

Interview02|ゴルフボールについて

榎本:ゴルフボールはなにを使っていらっしゃ いますか?
菅野プロ:昔はブリジストンのボールを使っていま した。ボールのサイズがスモールから ラージに変わった時代で、プロになった ときからダンロップ製のDDHが出まし た。ボールがその後、硬くなっていたと きも、ずっと続けて、パーシモン素材の ドライバーを使っていました。そのとき はフェイスが割れたりして、クラブが ボールの進化についていけていなか ったですね。でも、今はクラブも進化 しましたね。ボールの性能に合わせた素材を使うようになってきました。

だけどその反面、慣性モーメントが大きすぎて、どこにあたってもミスにならない、どこにあたっても距離が落ちない、というようになり、楽にゴルフが出来るけど、工夫がなくなってしまう部分があって、少し残念に思います。
榎本:確かにそうですね。弊社のクロマックスボールはいかがでしょうか?
菅野プロ:「クロマックス」はきれいですね。EPACでも取り扱っているのですが、お店も明るくなっていいです。ボールとしてもプロの試合でも使える本格的な公認球ですし。日本人の既成概念をやぶっていくようなものがあって良いと思います。目の悪い方でさえ、うっすら見えたという話を聞きましたが、それは嬉しいことですね。私も老眼になってきた今、キラキラしたものは見えやすいですね。
榎本:ありがとうございます。 既成概念という言葉が出ましたが、ゴルフって以前と 大分イメージが変わりましたよね。一般的にポップになってきていると思うんで すがどう思われますか?
菅野プロ:格式のあるゴルフ場に行くときは、それなりの服装をすることは、大切だと思いますが、そこまでこだわらなくていいと思います。アメリカなどでは、その人個人がしっかりしていれば、ピアスしてようが髭は得て洋画どんな服装したって関係ありません。 ? ご存知の通り、日本って異常に見かけを気にしますけど、わたしは、ルールが少ないほうが、高度な社会だと思いますので、ちゃんとすべき時にちゃんとしたことができれば、お尻が半分見えそうなスカートを穿いていてもいいし、もっと楽しんでいいと思います。
前のページ
 / 2 / 
次のページ
「今月のインタビュー」バックナンバー


Copyright 2007 IM Co.,Ltd. All Rights Reserved.