chromax


今月のインタビュー

1月のインタビュー | 菅野有子プロ (3/3)

1月は、プロゴルファーでありながら、ファミリーゴルフスクールエパック開校に携わったほか、コーチ、リポーター、解説、百貨店アドバイザリーなど様々なフィールドでご活躍されている菅野有子プロに弊社代表取締役榎本がインタビューをしました。

菅野有子プロ
1960年神奈川県生まれ。JLPGA50期生。10歳からゴルフをはじめ、大卒後プロに。88年JUNONオープン10位。大学では、高校の教員免許を取得。1995年筑波大学大学院に入学し、スポーツ心理学を専攻。1999年エパックジュニアゴルフスクール開校 (後にファミリーゴルフスクールエパックと改名)のほか、テレビ東京ラウンドリポーターや全英オープン解説、日本橋高島屋アドバイザリースタッフなどをこなす。現在、麗澤中学高等学校コーチ、浦安市ジュニアゴルフ協会会長。
  • Interview01 ゴルフ上達の秘訣
  • Interview02 ゴルフボールについて
  • Interview03 EPACの立ち上げ
  • Special Contents EPAC5つのこだわり

Interview03|EPACの立ち上げ

榎本:EPACを立ち上げるにあたってのきっかけは何ですか?
菅野プロ:6~7年前から心の底の方でずっと練 習場が欲しいと思っていました。でも、 自分の土地がないので、この近くの団 地の中にあるテニススクールでコート の半分を2面、お客様が一番少ない時 間に、貸していただいていました。それ で可動式のネットを作り、的はカーテン にして、やってないときは閉めて、とい ったことをしながら無理矢理営業させて もらっていました。今はそこにいたお客 さんが集まってきています。
榎本:いまや立派な練習場ですね。感心してしまいます。筑波大学大学院をご卒業され、学生時代も成績優秀だとお聞きしましたが具体的に何を勉強なさったんですか?
菅野プロ:スポーツと学問の中間の分野に興味があり、メンタルトレーニングプログラムの開発に入りました。簡単に言うと、昔からのメンタルトレーニング法を分析して、それにエゴグラムという一般心理を加えていくものです。 ?

同時に教職を取って、教育実習までいきました。そうした中から、教えることについての基礎を得たような気がします。試合に出たこともとてもいい経験ですね。
榎本:本当にいろいろな経験をされていますね。最後に、菅野プロがこれから実現していきたいとお考えのことは何ですか?
菅野プロ:まずは施設のいいところを知ってもらいたいです。通行人の方や周囲に御住まいの方に関しては、ここが練習場かどうか分らないのと、やっぱりインドアの練習場が如何に有効か分らないのが現状だと思います。それを知ってもらうには時間がかかりますね。今はまだ、メンバー150人くらいですが、最終的には1000人くらいの方々に楽しんでいただきたいと思います。

大きなことをいうと、女子プロってスポンサーがいて、女子プロがいます。つまりスポンサーと選手がいるわけです。ゴルフを知っている人がスポンサーになれば、知らない人がやるより、何倍も伝えられるものがあると思います。だから私は選手じゃなくてスポンサーになりたいです。
榎本:それでは、レッスンの生徒さんがお待ちみたいなので、、^^このへんで、、 では、これからも笑顔あふれるEPACの発展を願っています。頑張ってください。今日は、お忙しい中、本当に有難うございました。
菅野プロ:はい、頑張ります^^。こちらこそ有難うございました。
Special Contents: 菅野プロが語る「EPAC5つのこだわり」

取材を終えて

ゴルフに対する熱い想いをEPACという形にされた菅野プロのエネルギーはインタビューのなかでも伝わってきました。今回、取材はEPACで行ったのですが、本当に素晴らしい場所です!これからEPACのように、敷居が低く、すべての利用者に愛されるような練習場が増えればと思いました。菅野プロ、ありがとうございました!それでは来月の「今月のインタビュー」もご期待ください!
 
前のページ
 /  / 3
次のページ
「今月のインタビュー」バックナンバー


Copyright 2007 IM Co.,Ltd. All Rights Reserved.