chromax


今月のインタビュー

1月のインタビュー | 菅野有子プロ

1月は、プロゴルファーでありながら、ファミリーゴルフスクールエパック開校に携わったほか、コーチ、リポーター、解説、百貨店アドバイザリーなど様々なフィールドでご活躍されている菅野有子プロに弊社代表取締役榎本がインタビューをしました。

菅野有子プロ
1960年神奈川県生まれ。JLPGA50期生。10歳からゴルフをはじめ、大卒後プロに。88年JUNONオープン10位。大学では、高校の教員免許を取得。1995年筑波大学大学院に入学し、スポーツ心理学を専攻。1999年エパックジュニアゴルフスクール開校 (後にファミリーゴルフスクールエパックと改名)のほか、テレビ東京ラウンドリポーターや全英オープン解説、日本橋高島屋アドバイザリースタッフなどをこなす。現在、麗澤中学高等学校コーチ、浦安市ジュニアゴルフ協会会長。
  • Interview01 ゴルフ上達の秘訣
  • Interview02 ゴルフボールについて
  • Interview03 EPACの立ち上げ
  • Special Contents EPAC5つのこだわり

Special Contents|EPAC5つのこだわり

≪ポイント1≫バリアフリー設計!

≪ポイント1≫バリアフリー設計!
私の先生が身体に障害を持っていたことの影響をうけ、目の見えない方や車いすの方、病気の方などにも、どんどんゴルフを楽しんでいただきたいと いう想いから、この施設はバリアフリーにしました。二階までは完璧バリアフリーで段差がありません。エレベーターも付いていて、三階までは点字ブロックになっています。身障者用のトイレもあります。今後の活動については健常者の人も勿論ですが、バリアフリーの練習場をつくったことを最大限に生かして活動していきたいと考えています。今後、車いすの方は座りながらに。また、目の見えない方はガイドさんがついて。糖尿病の方とかも気を遣いながら運動トレーニングができると思います。エパックのインストラクターの中には日本盲人ゴルフ協会のインストラクターもおり、全国の練習会に働きかけております。

≪ポイント2≫ビデオ練習ができる!

≪ポイント2≫ビデオ練習ができる!
1コースに1台モニターが設置してあります。 ビデオで録画して、自分のフォームなどをチェックしながら 繰り返し練習ができるので早く上達ができます。

≪ポイント3≫パッティングの練習場が30メートル!

≪ポイント3≫パッティングの練習場が30メートル!
最超30メートル先のカップに対して、アプローチやパットの練習ができます。練習にきてウォーミングアップができます。

≪ポイント4≫干支の打席と的

≪ポイント4≫干支の打席と的
ゴルフ場っぽくしたくなかったので、打席も子・丑・寅・・・と12打席。干支になっています。ネズミのところで打って下さいとか(笑)。デザインは私の娘がしました。

≪ポイント5≫お洒落なセレクトショップ

≪ポイント5≫お洒落なセレクトショップ
雑誌Regina(レジーナ)でもゴルフウェアなどのコーディネートをされている方が、セレクトしているブティックです。通常のお店だと、メーカー毎ですが、ここは全部違うブランドでコーディネートしてもらいました。男性ものはお洒落と今評判になっている、PearlyGates もおいてあります。

前のページ
 /  / 
次のページ
「今月のインタビュー」バックナンバー


Copyright 2007 IM Co.,Ltd. All Rights Reserved.